ブログは引っ越しました。引っ越し先のブログをぜひご愛顧ください。

ゆにぶろ - http://www.union4u.org/blog/
ブラック企業を許すな - http://seinenunion.blogspot.jp/

カテゴリ:
新潟地方最低賃金審議会は8月28日、中央最低賃金審議会の示した目安(+10円)を2円上乗せして、新潟県最低賃金を701円(現在689円、+12円)とする答申を行った。
  
私たちは、あまりにも低い最低賃金の水準が、働く貧困層(ワーキングプア)を生み、貧困を連鎖させたり、生活保護世帯が増えたりすると訴えてきた。この根本を絶つために、最低賃金の抜本的な引き上げを求めてきた。
そのことに照らせば、中央最低賃金審議会が示した目安から2円アップしたことや時給700円台を突破したからといって、手放しで喜べるわけもない。
  
一方、新潟地方最低賃金審議会は、中央最低賃金審議会の示した目安を基準にして検討している。現実として、新潟地方最低賃金審議会において、目安額から大幅に外れる金額を答申することは困難だろう。
さらに、この構成メンバーは公労使の3者であって、直接に政府や政治家は関与していない。
  
格差縮小と貧困解消は、国策として取り組むべきであり、最低賃金の引き上げは政権公約でもあった。しかし、今回の引き上げ率は1.74%(12円/689円)でしかなく、物価上昇率目標とされている2%に届かない。今回の答申額は、明らかに貧困を深刻にする。最低賃金法10条2に基づいて、新潟労働局長が同審議会に対して再審議を求めるなど、最低賃金は政治の責任で、さらなる引き上げを実行すべきと考える。

にいがた青年ユニオン 
執行委員長 山崎武央

カテゴリ:
新潟市は、非常勤職員に普通の交通費を払わない。

月額では、

片道
5km未満 … 1日100円、上限2千円
5km以上10km未満 … 1日150円、上限3000円
10km以上 … 1日200円、上限4000円

という決まりだ。

正規労働者とは異なる体系なのだ。
正規労働者の通勤手当

これは「非正規」労働者の間で大変不満が大きい。

交通費というどの労働者も等しくかかる経費にもかかわらず、なぜ「正規」労働者と「非正規」労働者で異なる金額を支払うのだろうか。

それは、まさに身分制度である。

他にもある。

忌引休暇がない。
お祝い事ならば事前に分かるからともかくとしても、人の不幸があったというのに休暇がない。もちろん、正規労働者には忌引休暇がある。


「非正規」だから、安くて良い。
「非正規」だから、程度が低い。
「非正規」だから、いのちが安い。

「非正規」だから、休みもいらない。


そういう哲学、思想に基づいているとしか考えられない。
まさにブラック自治体だ。
しかし、残念ながら、まだまだ新潟市は一例であって、こういう自治体が少なくない。

「非正規」労働者が集まれば、そういう愚痴だ。
一昔前は、補助業務だけ、空いた時間を有効に活用するだけの、そんな業務だったのかもしれない。
だから、誰も文句を言わなかったのかもしれない。
しかし、今は違う。
いや、かつても文句を言いたかった人もいるだろうが、少数でかき消されていたのだろう。

いまや、役所の中に「非正規」労働者は半分にまで迫る勢いだ。
そう。
いまの役所の業務は、「非正規」労働者によって廻っている。

新潟市民は、ぜひ区役所へ行ってもらいたい。
窓口であなたに最初に接する、その人こそ「非正規」労働者だ。

こんなことで、よいのだろうか。

よくない。
それは、はっきりしている。

しかし、行政が勝手に改善することはない。
「非正規」労働者が、自らの手で交渉するしかない。
誰かに任せているだけでは改善しない。

ぜひ、にいがた青年ユニオンに連絡をして欲しい。
全員で力を合わせて、改善する方法をいっしょに考えたい。

 http://www.union4u.org

カテゴリ:





信じられますか?
信じられない人は、今日付の新潟日報夕刊を購入して下さい。1面の下の記事です。 

このページのトップヘ

見出し画像
×